街中を普通にミライが走っているだなんて思わない

先日、いつものように仕事から帰るときに車を走らせていると、前を見慣れぬテールランプを見かけました。
だいたいの車はテールランプで見分けがつくくらいには車には詳しいのですが、いままでお目にかかったことがないような形でした。
一瞬「改造車なのかな?」とも思ったのですが、よく見てみると、その車はトヨタのMIRAIでした。
MIRAIは究極のエコカーを言われる水素を燃料とする燃料電池車で、そのお値段は700万円オーバーです。
しかし、その値段の高さよりも、水素を供給する水素ステーションが普及しておらず、その浸透を妨げていると言われています。
そんな次世代の技術を持つ高級車を、まさかこんな田舎の道で、普通に走行している姿を見るというのは、ちょっと驚きでした。
もしかしたら、企業などが社用車などで持っている車なのかもしれませんが、普通に公道を走行しているのは初めて目にしました。
もちろん個人でも購入することはできるのでしょうが、MIRAIを購入したという人は、未だに聞いたことがありません。
これから普及していくのかもしれませんが、例えばプリウスのように、もっと頻繁にこのテールランプを見るようなことになるのでしょうか。ミュゼ 料金